• 認定駐車場とはどのようなものか

    認定駐車場とは国土交通大臣から国の厳しい安全基準を満たしていると認められたものであり、性能が保証されているため防火設備などの設置が緩和されているので安価になるなど多くのメリットがあります。

    認定の駐車場のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

    認定されていない立体駐車場を建てる場合、建造物とされるので強度だけでなく防火性能も求められるため、延焼防止として同じ敷地内の建物から規定された距離を開けなければならず、土地を効率的に活用できません。



    耐火被覆や防火シャッターなどの設備も必要になるので外見が悪くなる、費用がかかる、工事に時間がかかってしまうなど様々なデメリットがあります。認定駐車場の導入方法としては、一般的に各メーカーで取得済みのものを利用できるので商業施設やマンションなどの設計者は意識しなくても良いですが、短期間で取得できるものではなく、半年程度の時間がかかってしまうので施工計画に影響が出るため注意しましょう。

    2階建てのような小型のものから6階建ての大型のものまで扱われているので、規模に合わせたものを選べます。


    7階建て以上になると取得済みにはなりませんが、駐車場の個別認定という形で導入ができ、こちらもメーカーの方で手続きを行うので自分で何かする必要はありません。



    また、認定されている立体駐車場にはフラット式やスキップ式、連続傾床式が揃っているので制限を受ける心配がなく、導入を考えている土地の広さや想定する利用者に合わせたタイプを選べます。