離煙パイプは成功しやすい

離煙パイプは成功しやすいと言われていますが、それには理由があります。タバコを急に止めるととても辛く感じてしまい、駄目だと分かっているのに1本だけでも吸いたいと感じます。これは体内のニコチンの濃度が下がっていく時に起こる現象ですが、スムーズに慣れる人となかなか慣れない人がいますので、慣れにくい人は少し苦労するかもしれません。離脱症状が起きると途中で挫折してしまう人も多く、これが失敗の主な要因となっています。

それを回避できるのが離煙パイプですので、様々な禁煙グッズで失敗してきた人達は最後の手段としてチャレンジしてみましょう。離煙パイプは特殊な仕組みになっていて、1から31のパイプがセットになっています。使用するのは1からで、これはほんの少しだけニコチンがカットされるように作られています。2になるともう少しカット率が上がり、番号が増えるにつれてどんどんカット率が上昇する仕組みです。

つまり、最終的に31を使用する頃にはほとんどニコチンを摂取していない状態になり、その状態でも違和感を感じません。段階を踏んで少しずつ減らしていくことで体が自然に慣れることができますし、吸いたい欲求を抑えながらという方法でもありませんのでストレスがない方法です。銘柄によってはニコチンの量が多くて31番まで一度試しただけでは完了しないケースもありますが、その場合でも新たに購入する必要はなく洗ってもう一度使用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です