離煙パイプならだれでも簡単に禁煙できる

これまで何度も禁煙に失敗してきた人達は、何が原因なのかをきちんと考えることが大切です。大抵はニコチンの離脱症状による不快感を我慢できず、完全に体が慣れる前にまた吸ってしまっています。繰り返し失敗したからといって禁煙できないということはなく、できそうな方法を選べば驚くほどスムーズに成功できるはずです。近年、そのような人達から支持されているのが離煙パイプであり、仕組みがとても画期的ですのでチェックしておきましょう。

離煙パイプの場合、普段吸っているタバコに離煙パイプをセットして吸うだけです。ただし使用するのには順番があり1日目は1と書かれているパイプを使用します。毎日ひとつ上の番号のパイプを使うのですが、その日の間に複数本のタバコを吸う場合には同じものを使って構いません。番号が1つ増えるたびに前回よりもほんの少しニコチンがカットされており、最終的には31までくると大幅にカットされているという仕組みです。

この方法なら徐々に体を流していくことができますので、辛いと感じることなく禁煙できるのが特徴です。最後の31を使ったら95%ものニコチンがカットされているため、重いタバコを吸っていた人でもかなりの成果が出ているはずですが、重いタバコを愛用している人達はこの31段階だけでは足りません。もう一度離煙パイプを使っていくことになり、開始する番号は銘柄によって異なります。吸っているタバコの銘柄に合わせた番号で再度スタートさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です