• メーカーのQ&Aを参考にして立体駐車場の知識を向上

    • 住宅の駐車スペースを2倍にしてくれる立体駐車場を用意しているメーカーはネットで検索が出来ますが、それぞれの会社のホームページにアクセスを行ってメーカー選びをするのは労力を使う作業です。メーカーを選ぶ時のポイントは自宅に合う立体駐車場を販売しているのか、価格は予算で収まる製品があるのか、設置後の保守点検や修理の対応がどのようになっているのかを把握しておく事です。

      住宅に設置する立体駐車場は上段と下段に駐車スペースを確保する機械式です。

      機械操作が必要になりますが、操作性などもメーカー選びの中では重要なポイントになるのではないでしょうか。


      自動車の運転をする家族の年齢などに応じて機械操作の苦手さがあるのため、操作が簡単なものを選んでおくのがお勧めです。


      但し、機械操作と言っても電源スイッチを押して上や下などのボタンを押すだけでモーターが回転して必要な操作を自動的に行ってくれるので機械が苦手と感じている人でも簡単に使う事が出来ます。

      ターゲットに応じた立体駐車場のメーカーの有益な情報のご紹介です。

      メーカーのサイト内には良くある質問やQ&Aのウェブページが用意してあります。



      立体駐車場を導入するにあたり、色々な疑問が生じる事になります。



      例えば、良い製品が見つかったけれど、自宅が対応可能なエリアに含まれているのかを知りたい時などQ&Aの中に回答が行われているケースがありますし、設置後のポイントとなる修理対応やメンテナンス、交換部品などの質問回答も行われているので事前に確認しておくと安心です。

  • 難しくない駐車場

    • 認定駐車場とはどのようなものか

      認定駐車場とは国土交通大臣から国の厳しい安全基準を満たしていると認められたものであり、性能が保証されているため防火設備などの設置が緩和されているので安価になるなど多くのメリットがあります。認定されていない立体駐車場を建てる場合、建造物とされるので強度だけでなく防火性能も求められるため、延焼防止として同じ敷地内の建物から規定された距離を開けなければならず、土地を効率的に活用できません。...

  • ためになる駐車場

    • 認定された駐車場とは何か

      自走式駐車場には国土交通大臣認定と呼ばれるものがあります。通常は建築物と見なされる構造物であるため、安全性のために様々な基準をクリアしている必要があるため、建築申請に多くの書類が求められ、耐火性を持たせるために被覆を行ったり防火シャッターを設置する区画や十分な消火設備を用意しなければならないため費用が高くなってしまい、工期も長いです。...

  • 駐車場についての考察・駐車場を身に付けよう

    • 大臣認定駐車場とそのメリット

      現代では自動車交通を前提としない建物はまずありませんが、特に需要が多い市街地になると、その不足をおぎなう目的でさまざまな立体駐車場が別に建てられています。プレハブ工法などの立体駐車場の場合、以前は低層のものばかりだったため、単なる工作物として処理されていた時代もありました。...

    • 認定駐車場についての情報

      駐車場の中には国土交通大臣認定駐車場と呼ばれるものがあります。これは主要構造部の構造方法や特定の防火設備の内容に関して、指定性能評価を受けていることを示すものです。...